麻のニットで夏も涼しく快適に

更新日:9月8日

おはようございます☀

帰りにつくしを見つけて、写真を撮っていたら電車に乗り遅れそうになりました、どうも新人Aです。



instagramにリネン糸を使った編地をアップしました!

https://www.instagram.com/p/Cb_asQTB1RJ/

色味がきれいで、夏が待ち遠しくなってしまいますね。


そういえば販売の仕事をしていた際に「リネンってなに?麻じゃないの?」「リネンとラミーって何が違うの?」とお客様から聞かれることが多々あったなあと思い…

本日はその違いや麻の良さをアピールして、麻ニットを着て頂こうキャンペーンを開催しようかと思います!


ニットって秋冬のイメージが強いかと思いますが、以外と夏も涼しくきていただけるんですよね。



さて本題の麻とは…

繊維の総称のこと。

その種類として、リネン、ラミー、ヘンプ、ジュートなどがあり、それぞれ用途によって使い分けられています。


特徴としては

植物の性質上、吸湿性や速乾性、防臭や抗菌性にに優れており、また保湿性にも長けているので、自然に温度を一定に保ってくれるんですって。

また耐久性も高いので、きちんと扱えば丈夫で長持ちしてくれます。

洗うと強度が増すので、少し縮みが出るものもありますが、数回で落ち着くそうです。


ちなみにインスタにもあげた編地は、丸安毛糸さんの「LINEN SHOWER」という天然素材(麻)と機能素材(ポリエステル)をブレンドさせた糸を使っているのですが…(色味が初夏を感じさせてくれますね)


ポリエステルが配合されることで、シワ予防や手洗いが可能になったため、夏でも快適に使っていただけますね!

ニットは頻繁に洗わなくても大丈夫なものが多いですが、夏だから特に気になる…という方にはピッタリかと思います。


麻素材のシワ予防・取る際は、ニットがまだ湿った状態でアイロンがけをしてあげるorスチームアイロンをかけてあげると、シワが伸びてくれます!(その際は当て布を忘れずに)

乾いてしまうと、形状記憶のようになかなかパリッとしてくれないのですよね…。



洋服や日用雑貨としてよく見るのはリネンが多いかと思いますが、たまに見かけるラミーとはリネンに比べてハリコシが強く、麻独特のシャリ感をさらに楽しみたい方におすすめです。



麻に苦手意識を持たれる方も結構いらっしゃるかもしれませんが…

着やすくチクチク感の少ないものや、扱いやすいものも増えてきていますので、良かったら一度着てみてくださいね^^


夏もニットで快適に過ごしましょう~~~~

閲覧数:31回0件のコメント