ホールガーメントの編みの修行!新人、編立の難しさを学ぶ

更新日:9月8日

お世話になっております、新人Aです!

新潟もついに梅雨に入ったようで、いやあ受け入れたくない現実ですね。


さて3月に新台入荷したSHIMASEIKIさんのホールガーメントの編み機ですが…

わたくし新人のくせに、研修に行かせていただきまして、編みの修行してまいりました!

約1ヶ月間いざ和歌山県!

(そういえばまだこの子の名前決めてなかったですね)



データを作り、調整しながら何度も試編みして、プログラムを組むのは今でも「???」となることもしばしばですが、ここから色々つくっていこうと思います!



糸が違ったり時期が異なったり、データ上ではできたとて、さあ編み機にかけてキレイに編めるわけでもなく、1枚うまくできたとてそれが何枚もとなると、また変わってきたりもして…


編立のみなさますごい


普通に店頭に何枚も同じ種類のニットが並んでいるのって、そりゃ当たり前の光景になりますが、当たり前のように世にはびこっているのって、単純にすごいことなのだなあと改めて思いました。



島精機の皆さま、ありがとうございました!

これからもどんどんお世話になりますよろしくお願いします!!!!



さて、かわいいニット小物作っていくゥ!





~おまけ~


和歌山城行きました!

フォトジェニック~~~~

あと島精機さんのニットミュージアムなるものがあるということで、お勉強がてら行ってみたら…

現在までの編み機やミシンが、年代ごとに置いてありまして、それはそれは1人でテンション上がっちゃう場所でした。


和歌山城で猫に出会い

あ、タヌキみたいな美猫様にも出会いました


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示