新人の研修日記:縫製部編


新潟の桜開花予定は10日前後らしいです、どうも新人Aです🌸

今日から4月ですね、早いですね。

そういえばエイプリールフールなので、あとで課長あたりに何かホラ吹き込んで来ようと思います。

嘘です。



さて、ミシンだけでも34台ある弊社縫製部。

わたくしも縫えるようになるべく、研修させていただいております。

まっすぐきれいに縫えるようになると気持ちいいんですよね。

うまくいかないと、悔しくて顔が(-_- )←こんな感じになっております。


特に難しいのがロックミシン。

ほつれないように、かがり縫いをするためのもので、伸縮性の強いニットなどに特化したミシンです。

こういった部分によく使われていますね!

縫い目がほつれにくく、きれいになります。

あとは脇や肩の部分など、何か所かロックしてあるかと思います。


ダメな例はこちらですね。

新人が数日かかってこのガタガタ具合です。

(先日、1週間ぶりにロックしたらそれはそれはガタガタでした)

いやあ、プロってすごい。

練習あるのみ!!!!



他にもリンキングやボタンホール、ボタン付けの機械(弊社instagramに動画がありますので、そちらもよろしければ!)などを使って、ベテランの(元気な)プロたちがていねいに縫製しております。

https://www.instagram.com/p/Cbv4OmYpHYv/


個人的に、ミシンのカタカタという音すきです。



あまり生地などを使って、CDやベストなど作らせてもらっているので、きれいに完成させられるように頑張ります^^

閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示